乾燥肌について|美白化粧水@美白としわ取りの相乗効果

乾燥肌と美白化粧水

秋冬はお肌が乾燥して...なんてお悩みの方は、実はその乾燥肌、一年中その状態ではないか思い出してみてください。最近では、エアコンなどのオフィス環境で一年を通して乾燥肌になっている方が多くいらっしゃるのです。ここではそんな乾燥肌について、まとめています。

 

乾燥肌ってどんな状態の肌?

 

乾燥肌は、お肌の皮脂の分泌量が減ってしまっていたり、角質細胞間脂質が減ってしまうことで角質の中に十分な水分がない状態のお肌のことです。
お肌の水分は、汗をかくことや、皮膚呼吸などから自然に奪われることで減少しますが、体の内側や環境からまた水分が補給されるため、お肌の保湿は普通は皮脂のほか、天然保湿因子や、角質細胞間脂質で水分バランスが保たれているのです。

 

乾燥肌では、お肌の表面に潤いや柔軟性がないため、外の刺激も受けやすくなっています。

 

 

乾燥肌の原因って何?

 

乾燥肌の原因は、加齢によるもの、体質によるもののほか、気候や環境、ライフスタイル、生活習慣といったものが主な原因と考えられています。そのほかにも、腎不全や栄養障害、ビタミンA欠乏症など、病気が隠れていることも!それから遺伝で、角質細胞間脂質のセラミドが少ない状態になってしまっている、アトピー性皮膚炎や角化異常を生じる魚鱗癬も乾燥肌の原因のひとつといわれています。

 

加齢によって乾燥肌になることを、皮脂欠乏症といい、中高年にあると手足、ひざから下によく乾燥がみられ、お肌がカサカサでひび割れたりしていることがあるかと思います。これが、程度の差はあれ皮脂欠乏症といわれています。日止血敏捷はかゆみを伴うことが多く、かきむしることで湿疹などができてしまい、皮脂欠乏症湿疹などになることも。
それから、乾燥肌はお肌がアルカリ性に傾いてしまい、細菌が繁殖しやすくなります。皮脂量が低下してしまうと、お肌は乾燥に傾き、また、天然保湿因子が低下してしまうのも乾燥肌の下人と考えられています。

 

それにセラミドなどの角質細胞間脂質が減少してしまうと、水分保持力が下がってしまい結果として乾燥肌を引き起こします。

 

 

乾燥肌の予防改善とは?

 

乾燥肌を予防改善したい場合には、まずは食生活の見直しをし、生活のリズムを整える必要があります。睡眠不足は大敵ですし、ストレスもよくありません。それに、スキンケアを見直すことも、安相肌の予防改善に役立つでしょう!まずは保湿、そして保湿。保湿がカギなのは、言うまでもありませんね。