美白化粧水の上手な使いかた|美白化粧水@美白としわ取りの相乗効果

脂性肌と美白化粧水

美白化粧水の上手な使いかた

 

みなさんは、美白化粧水を何気なく使ってしまってはいませんか?実は、正しく利用しないことで効果は半減してしまうこともあるのが、基礎化粧品の注意したい点。

 

そこでここでは、美白化粧水の上手な使い方についてまとめています。これから美白化粧水を使用される方は、ぜひ参考にされてみてください。

 

美白化粧水を使う前に

美白化粧水を使う前に、配合されている成分を確認しましょう。なぜかというと、美白化粧水に配合されている成分の中には、紫外線に当たると逆にお肌のトラブルを起こしてしまうものが配合されているものもあるからです。白斑などのトラブルにならないためにも、必ず成分は確認してから使用するようにしましょう。危険と言われている成分は、インターネットで調べてみればいくつも見つかりますよ!美白化粧水のせいで、シミができてしまっては本末転倒ですからね。面倒くさがらず、成分をチェックして「これは紫外線に当たるとまずい奴だ」というように、自己防衛しましょう。

 

美白化粧水の上手な使い方

美白化粧水は、各商品の説明書に明記されている分の分量、たとえば500円玉なら500円玉大の量を手のひらにとりましょう。お肌の乾燥がひどいときは、少量ずつ数回にわたって浸透させるのがお勧めです。

 

温かい手のひらに化粧水を取り、少し温めてから、お顔の上に化粧水を伸ばしていきます。手のひらで包み込むように、そっと抑えましょう。お肌に化粧水が吸い込まれるように、まんべんなく!そのあとは、乾燥が気になる部分に同じように手のひらや指の肌を使って、丁寧に重ねて浸透させていきます。特に目もと、小鼻、眉間、鼻の下といった部分は指の腹でちょっとずつ浸透させましょう。美白化粧水は乾燥しやすいといわれているので、そのあとは乳液とクリームでしっかりお肌の水分にふたをしてあげなくてはなりません。 

 

美白化粧水を使うときのおすすめ方法

美白化粧水を使うときのお勧めは、お風呂に入ってからケアを行うことです。お肌に蒸気で水分が入り、より化粧水が浸透しやすい状態になっています。また、美白化粧水を使ったら、乳液やクリームは保湿に重点を置いたものを使用するのも、お勧め。保湿成分と美白成分のバランスがとれてこそ、透明感のある白いお肌が手に入るかと思います。保湿ケアを一緒に行うのが、透明感のあるみずみずしいお肌のポイントなのです。