脂性肌について|美白化粧水@美白としわ取りの相乗効果

脂性肌と美白化粧水

私たちの肌は、いろいろな肌質がありますよね。普通肌、敏感肌、乾燥肌、混合肌、脂性肌などです。
敏感肌は、どちらかといえば乾燥肌に入るかと思いますが、ここでは脂性肌についてまとめています。

 

 

脂性肌ってどんな状態の肌?

 

実は脂性肌は、その名の通り皮脂の分泌が過剰になり、オイリーになっているお肌のことです。脂性肌でも、お肌の内部の水分量が乾燥してしまっており、それを補うために皮脂を過剰分泌してしまっているケースも多々あるそう。
男性ホルモンのテストロステンやアンドロゲンが、皮脂関連の分泌の役割を担っているのですが、ストレスや生活習慣、遺伝などでこれらのホルモンが間違った指令をだし、皮脂が過剰分泌されてしまうと、脂性肌に傾いてしまうのです。

 

ちなみに、男性ホルモンが分泌されるピークは思春期だけかと思いきや、30代後半から40代でもピークがあるそうで、その時期は脂性肌になりやすく、思春期に脂性肌で悩んだ方はもう1度悩むことになりそうですよ。

 

 

脂性肌の原因はなに?

 

脂性肌の原因は、食生活や、生活習慣によるホルモンの乱れ、間違ったスキンケア、乾燥肌(インナードライスキン)などがあげられるようです。
やはり脂分を多く含む食品や肉類をたくさん摂取する方は、どうしても脂性肌に傾きやすいようですし、飽和脂肪酸を摂取するとお肌では毛穴詰まりの原因ともなるそうですよ。脂っこいものが大好きな方は、お魚の油に変えると毛穴に詰まりにくく逆にお肌には良い働きをしてくれるそう。

 

また、不規則で睡眠が不足しがちな生活、ストレスのかかる生活は、男性ホルモンが分泌されやすくなってしまうようです。そこで、睡眠不足や生活のリズムを整えると、徐々に改善されてくるそうです。

 

また、脂性肌だからって油を落とそうと必要以上に洗顔などをしてしまうと、余計に皮脂が過剰分泌されてしまうので、保湿に力を入れるように変えていきたいものですね。

 

 

脂性肌はどうやってケアすればいいの?

 

脂性肌は、まず生活習慣の改善、睡眠をしっかりとり、ストレスをためず、食生活を見直すことが大切です。
スキンケアで気をつけるべきポイントとしては、洗顔などで皮脂を取りすぎないこと、泡などで優しく洗顔すること、洗顔後などは十分すぎるくらいに保湿し、アルコールが配合されている化粧水などは避けることが大切かと思います。