厚生労働省認可の美白成分|美白化粧水@美白としわ取りの相乗効果

厚生労働省認可の美白成分

ここでは、厚生労働省認可の美白成分を紹介しています。気になる方は、ぜひ参考に美白化粧品選びをしてみてくださいね。

 

厚生労働省認可の美白成分とは以下の通りの成分です

 

4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

酵素チロシナーゼの働きを抑え、溜まったメラニン色素を排出する働きがあるといわれています。また、メラニンの生成を抑制するといわれています。

 

D-メラノ(TM)

メラノサイトの中にあるMITFに働きかえメラニン生成の指令を出すのを阻止してくれる成分です。マックスファクターが開発しました。

 

ニコチン酸アミド

メラニン色素が表皮細胞に定着するのを抑制するといわれています。

 

t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)

情報伝達物質プロスタグランジを抑制する効果があるといわれ、抗炎症剤としても使われているそうで、シミだけではなく、ニキビ跡の色素沈着にも効果を発揮するといわれています。

 

TXC(トラネキサム酸セチル塩基塩)

情報伝達物質プラスミンの生成を抑制し、メラニン色素の発生を
抑えてくれるそうです。これが、肝斑に対して最も有効な成分と言われているそうです。

 

アルブチン(β-アルブチン)

コケモモやウワウルシ、西洋ナシなどから抽出された成分で、チロシンとチロシナーゼが合わさることを防ぐことでメラニン生成を阻害してくれるそうです。資生堂が開発した成分。

 

エナジーシグナルAMP(アデノシン-リン酸二ナトリウム OT)

ターンオーバーを促すことでメラニン色素の蓄積を抑えるというもので、大塚製薬(株)が開発した成分。

 

カモミラET

カモミールから抽出される成分で抗炎症作用を併せ持ち、特に老人性色素斑に良いそうです。

 

コウジ酸

麹のこうじ菌から抽出された成分でチロシナーゼの働きを抑えてくれるそうです。

 

トラネキサム酸

メラノサイトの活性化を抑制し、チロシナーゼの働きを抑制してくれる、肝斑に有効な成分で、資生堂が開発したそうです。(m-トラネキサム酸)

 

ビタミンC誘導体

チロシナーゼ抑制効果、抗酸化作用があるそうです。

 

リノール酸

チロシナーゼの量を減少させる効果があるので、メラニンの生成を抑制することができるそうです。

 

ルシノール

チロシナーゼ活性阻害効果があり、その効果はコウジ酸やアルブチンより高いそうで、
ハイドロキノンと似た構造を持っているのだとか。

 

ロドデノール

メラニン生成を抑制する働き、そしてチロシナーゼ関連酵素に働きユウメラニン(黒色メラニン)を顕著に減少させる働きがあるそうです。カネボウ化粧品が開発。

 

マグノリグナン

マグノリグナンはチロシナーゼ酵素の働きを抑制、メラニンの生成を抑える働きがあるそうです。肝斑に聞くそうですよ!カネボウ化粧品が開発。

 

プラセンタエキス

プラセンタエキスはメラニン生成抑制作用、角質融解作用、細胞生成を活発にして新陳代謝を高める作用があるといわれています。

 

エラグ酸

エラグ酸はメラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素の働きを抑制すると、いわれています。

 

 

厚生労働省認可の美白成分一覧

アルブチンとは|厚生労働省認可の美白成分

アルブチンとは、どのような成分がご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ご存知ない方のために、ここでは美白には欠かせない成分のアルブチンについて、まとめてみました。アルブチンのことについて知りたい方は、ぜひ参考にされてみてくださいね。アルブチンってどんな成分?アルブチンという成分は、よくお肌のシミ...

≫続きを読む

 

エラグ酸とは|厚生労働省認可の美白成分

美白成分の一つとして厚生労働省から認可されている成分に、「エラグ酸」というものがあります。そこで美白を目指していらっしゃる方のために、ここではエラグ酸のことについてまとめてみました。エラグ酸とはいったい何?エラグ酸、名前の響きからするとあまりかわいらしいイメージはなかったのですが、実はエラグ酸はイチ...

≫続きを読む

 

ビタミンC誘導体とは|厚生労働省認可の美白成分

ビタミンC誘導体といえば、美白には切っても切れない成分と言われていますが、ここではそのビタミンC誘導体がよいとされる秘密について迫ってみようと思います。ビタミンC誘導体とビタミンCって同じものなの?違うものなの?ビタミンC誘導体、というと、ビタミンCを難しく言っているだけなんじゃないのかななんて思わ...

≫続きを読む

 

コウジ酸とは|厚生労働省認可の美白成分

コウジ酸は、現在美白成分として厚生省に認可されている成分の一つです。美白が気になっている方は、コウジ酸配合の化粧水なども気になっているかと思います。そこで、コウジ酸が厚生省に認可されるまでの流れや、コウジ酸の働きについてまとめてみました。コウジ酸が美白成分になった背景実は、コウジ酸が発見されたのはな...

≫続きを読む

 

アスタキサンチンとは|厚生労働省認可の美白成分

アスタキサンチンといえば、エビやカニなどの甲殻類に含まれている成分としてご存知の方もいらっしゃるかと思います。実はこのアスタキサンチンには、美白効果もあるといわれています。アスタキサンチンとはいったい何?アスタキサンチンは自然界にある天然の赤い色素で、サケやエビ、カニなどに多く含まれるカロテノイドの...

≫続きを読む

 

リノール酸Sとは|厚生労働省認可の美白成分

美白化粧品の中の認可成分には、リノール酸Sという成分があります。リノール酸Sは、オーラルケアメーカーの大手、サンスターが、18年もの歳月をかけて研究開発した美白成分で、紅花油から抽出されています。ここではこのリノール酸Sについて、詳しく見て行ってみましょう!リノール酸っていったい何?リノール酸Sは、...

≫続きを読む

 

ハイドロキノンとは|厚生労働省認可の美白成分

美白といえば、ハイドロキノン。ここでは、ハイドロキノンという成分について、ハイドロキノンとはいったい何なのか、効果は、また副作用はどうなのかということについてまとめています。ハイドロキノンっていったい何?ハイドロキノンは、現像している人の手が白く綺麗になったことから美白効果が発見されたと言われている...

≫続きを読む

 

カモミラETとは|厚生労働省認可の美白成分

カモミラET美白成分の一つである、カモミラET。カモミラETの原料は、ヨーロッパ産のキク科の草カミツレの葉から抽出される成分なのですが、日本でもカモミールといったほうがピンと来る方が多いかもしれませんね。ここでは、カモミラETについて、カモミラETとは何なのか、またカモミラETの効果などにも触れてい...

≫続きを読む

 

シムホワイトとは|厚生労働省認可の美白成分

シムホワイトシムホワイトは、美白成分として認可されています。ここではシムホワイトの効果や副作用について触れています。シムホワイトっていったいどんな成分?シムホワイトには、メラニンの生成を抑え、お肌を白くする作用や、シミを薄く作用があるとされています。たとえば、日焼けしてしまった場合には、紫外線によっ...

≫続きを読む