ハイドロキノンとは|厚生労働省認可の美白成分

ハイドロキノン

ハイドロキノン

美白といえば、ハイドロキノン。ここでは、ハイドロキノンという成分について、ハイドロキノンとはいったい何なのか、効果は、また副作用はどうなのかということについてまとめています。

 

ハイドロキノンっていったい何?

 

ハイドロキノンは、現像している人の手が白く綺麗になったことから美白効果が発見されたと言われているせいぶんだそうです。現在は美白といえばハイドロキノンというくらい、引っ張りだこな成分でもあります。

 

ハイドロキノンの歴史は古く、もともと医療分野ではかなり昔から治療薬として使われてきたそうです。ハイドロキノンの美白成分としては、シミの原因であるメラニンの合成を阻止する働きや、チロシナーゼ酵素が活性するのを抑える働きのある成分となっています。

 

メラニンの発生を防ぐことには効果は高いものの、すでに発生しているメラニンは取り除けないそうですよ。

 

ハイドロキノンの効果は?

 

ハイドロキノンは、お肌を漂白する働きがあるなんて言われるくらい、美白効果が高い成分でもあります。というのも、メラニン色素を生成するチロシナーゼの働きを抑制し、メラノサイトの数を減少させる作用を持っているからです。

 

シミやしわが徐々に薄くなるといった効果を実感されている方も、かなりの数に上ります。

 

またすでに発生しているシミにも働きかけて、取り去る働きがあるということは、他の美白成分にはかなわない特徴なのではないでしょうか。ただ、ハイドロキノンは副作用が怖いなんて言われていたりしますよね。

 

そこで、最後にハイドロキノンの副作用で締めくくりたいと思います。

 

ハイドロキノンの副作用は?

 

ハイドロキノンを配合のクリームなどの使用方法や使用量を誤ると、白斑が出てしまったりといったトラブルが考えられます。また、ひりつき、かぶれ、赤くなるといった症状、アレルギー症状が出てしまう方も!特に敏感肌の方は、気を付けたいですよね。

 

それから、 ハイドロキノン入りの化粧水などは、夜使うようにしないと、紫外線に当たるとまずいと言われています。
副作用のこともしっかり考えて、使うようにしたいですね。

 

 


ハイドロキノンとは|厚生労働省認可の美白成分関連ページ

アルブチン
アルブチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
エラグ酸
美白成分の一つ「エラグ酸」についてまとめてみました。
ビタミンC
美白にはビタミンC誘導体がよいとされる秘密について迫ってみようと思います。
コウジ酸
コウジ酸が厚生省に認可されるまでの流れや、働きについてまとめてみました。
アスタキサンチン
アスタキサンチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
リノール酸S
リノール酸Sという美白化粧水の成分について紹介しています。
カモミラET
カモミラETという美白化粧水の成分について紹介しています。
シムホワイト
シムホワイトという美白化粧水の成分について紹介しています。