カモミラETとは|厚生労働省認可の美白成分

ハイドロキノン

カモミラET

 

美白成分の一つである、カモミラET。カモミラETの原料は、ヨーロッパ産のキク科の草カミツレの葉から抽出される成分なのですが、日本でもカモミールといったほうがピンと来る方が多いかもしれませんね。ここでは、カモミラETについて、カモミラETとは何なのか、またカモミラETの効果などにも触れていきたいと思います。

 

カモミラETっていったい何?

 

カモミラETは、カモミールが原料の成分で、花王がカミツレエキスを使って独自に開発した成分だそうです。

 

1999年に美白成分として、医薬部外品の認定を厚生労働省から受け、美白化粧品に配合されるようになってきたので、すでに10年以上の歴史があります。花王の商品ではカモミラETとしておりますが、他社で同様の成分を使うときにはカモミールやカミツレエキスと記載されるそうです。カモミラETを配合している美白化粧水を使うと、実際いどのような効果が出るのでしょうか?見て行ってみましょう。

 

カモミラETの効果は?

 

一般的に、美白化粧品の美白成分は、メラニン色素に深くかかわるチロシナーゼの活動を抑えるものが主流ですが、カモミラETは表皮にあるメラノサイトに、メラニン色素を生成するように命令するエンドセリンという情報伝達物質をカモミラETでブロックするように作用します。

 

もちろん、メラニン色素を生成しなさいという指令がこなければメラニン生成は抑えらえるため、メラノサイトの増殖自体を抑制することができるのです。それに加え、すでにできていたシミを薄くしたりする効果も期待できるのだとか! いろいろな成分の働きの相乗効果で、カモミラETを配合した美白化粧品の効果は実感できる方が多いようですよ。
また、老人性色素班や日光色素班といった老人性のシミにも、カモミラETは効果的だといわれていますよ。もう年だから、とあきらめていた方は、ダメもとでも試してみたいですよね。

 

カモミラETの副作用について

カモミラETは、もともと植物由来の成分なので副作用もあまり心配いらないのが特徴なのですが、キク科植物アレルギーなどアレルギーを持っている方は使用前にパッチテストをしてみてくださいね。

 

 

カモミラETとは|厚生労働省認可の美白成分関連ページ

アルブチン
アルブチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
エラグ酸
美白成分の一つ「エラグ酸」についてまとめてみました。
ビタミンC
美白にはビタミンC誘導体がよいとされる秘密について迫ってみようと思います。
コウジ酸
コウジ酸が厚生省に認可されるまでの流れや、働きについてまとめてみました。
アスタキサンチン
アスタキサンチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
リノール酸S
リノール酸Sという美白化粧水の成分について紹介しています。
ハイドロキノン
ハイドロキノンという美白化粧水の成分について紹介しています。
シムホワイト
シムホワイトという美白化粧水の成分について紹介しています。