シムホワイトとは|厚生労働省認可の美白成分

ハイドロキノン

シムホワイト

 

シムホワイトは、美白成分として認可されています。ここではシムホワイトの効果や副作用について触れています。

 

 

シムホワイトっていったいどんな成分?

シムホワイトには、メラニンの生成を抑え、お肌を白くする作用や、シミを薄く作用があるとされています。

 

たとえば、日焼けしてしまった場合には、紫外線によってメラニンが過剰生成してしまうのを防いでくれる働きがあり、シミをできにくくしてくれます。もともとはコウジ酸と同じような働きをする美白成分と言われていますが、実はコウジ酸よりも20倍美白効果が強いということがわかっているようです。

 

シムホワイトは水溶性で、お肌に成分が浸透しにくいといわれていますが、美白効果自体は高いのでシミ対策に使ってみたい成分なんですよね。シムホワイトは、シミを薄くする力よりもシミを予防する力があるとされており、シミの除去力ではハイドロキノンよりも弱くなってしまいます。継続してシムホワイトを利用することでメラニン自体ができにくいお肌になり、またシミの色素沈着を防ぐため、次第にシミが薄くなるといった効果は期待できそうです。

 

シムホワイトは植物成分で構成されているため、お肌への刺激が少ないのもまた、特徴の一つです。お肌が弱い方などは、安心て使うことができるのではないでしょうか。ハイドロキノンではお肌に刺激が強すぎる、という方はシムホワイトを試してみるのもお勧めです。

 

シムホワイトの副作用について

シムホワイトは植物成分で配合されているため、強い副作用などの報告は見受けられません。アレルギー体質の方は、念のためパッチテストをすることがお勧めですが、一般的にアレルギー大佐いつではない方であれば、説明書通りの使用でまず困ることはないかと思います。

 

朝晩とシムホワイトを付けること、同時に日焼け止めでお肌を保護することで、白く透明感のあるお肌を実現させます。

 

できてしまったシミにはハイドロキノン、顔全体にはシムホワイトなど、美白成分を使い分けることで上手にシミの対処ができるのではないでしょうか。

 

シムホワイトとは|厚生労働省認可の美白成分関連ページ

アルブチン
アルブチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
エラグ酸
美白成分の一つ「エラグ酸」についてまとめてみました。
ビタミンC
美白にはビタミンC誘導体がよいとされる秘密について迫ってみようと思います。
コウジ酸
コウジ酸が厚生省に認可されるまでの流れや、働きについてまとめてみました。
アスタキサンチン
アスタキサンチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
リノール酸S
リノール酸Sという美白化粧水の成分について紹介しています。
ハイドロキノン
ハイドロキノンという美白化粧水の成分について紹介しています。
カモミラET
カモミラETという美白化粧水の成分について紹介しています。