エラグ酸とは|厚生労働省認可の美白成分

エラグ酸とは

エラグ酸

美白成分の一つとして厚生労働省から認可されている成分に、「エラグ酸」というものがあります。そこで美白を目指していらっしゃる方のために、ここではエラグ酸のことについてまとめてみました。

 

エラグ酸とはいったい何?

 

エラグ酸、名前の響きからするとあまりかわいらしいイメージはなかったのですが、実はエラグ酸はイチゴやブルーベリーなどのフルーツに含まれる天然ポリフェノールの一種です。
実は、エラグ酸ははじめ、がんの発生を抑制する効果があるとされて注目されていたもので、ポリフェノールは抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにも良い成分なのではと言われてもいる成分です。

 

エラグ酸の効果とは?

 

エラグ酸は、メラニンを黒くしてしまう作用のあるチロシナーゼの働きがあるそうで、化粧品などにも美白効果のため配合されるようになりました。メラニンは肌を黒くしたりシミの元になるとして有名ですが、黒くなる原因としてチロシナーゼという酵素がかかわっています。

 

お肌に紫外線が当たると、メラノサイトからメラニンがたくさん作られますが、メラニン自体は黒くなりません。メラニンにチロシナーゼが作用することで、メラニンが黒くなりお肌が黒くなるのです。そしてエラグ酸には、チロシナーゼが作用するのを抑制する働きがあるのです。

 

そのため、エラグ酸は美白成分として、化粧品などにも配合されるようになりました。エラグ酸の働きはハイドロキノンに似ているのですが、ハイドロキノンはできてしまったシミを予防できる効果があり、エラグ酸にはできてしまったシミだけではなくシミを予防する効果もあるといわれているのです。

 

とはいえ、エラグ酸は高濃度配合が難しいため、現在ではハイドロキノンのほうが効果を感じやすいといわれています。

 

エラグ酸の副作用について

 

エラグ酸は天然のポリフェノールの成分ですので、怖い副作用があまりないのが特徴です。がんの発生を予防するくらいの抗酸化作用もあり、医療分野でも使用されているのであまり副作用は気にせず利用できるかと思います。シミを予防したい方は、エラグ酸配合の美白化粧品を使うことで、未来にできるはずのシミを予防することもできるかもしれませんね。


エラグ酸とは|厚生労働省認可の美白成分関連ページ

アルブチン
アルブチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
ビタミンC
美白にはビタミンC誘導体がよいとされる秘密について迫ってみようと思います。
コウジ酸
コウジ酸が厚生省に認可されるまでの流れや、働きについてまとめてみました。
アスタキサンチン
アスタキサンチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
リノール酸S
リノール酸Sという美白化粧水の成分について紹介しています。
ハイドロキノン
ハイドロキノンという美白化粧水の成分について紹介しています。
カモミラET
カモミラETという美白化粧水の成分について紹介しています。
シムホワイト
シムホワイトという美白化粧水の成分について紹介しています。