ビタミンC誘導体とは|厚生労働省認可の美白成分

ビタミンC誘導体について

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体といえば、美白には切っても切れない成分と言われていますが、ここではそのビタミンC誘導体がよいとされる秘密について迫ってみようと思います。

 

ビタミンC誘導体とビタミンCって同じものなの?違うものなの?

 

ビタミンC誘導体、というと、ビタミンCを難しく言っているだけなんじゃないのかななんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ビタミンC誘導体とビタミンCという成分は、実は別物なのです。ビタミンCは壊れやすく、お肌に吸収されにくいため、それをお肌に吸収されやすいように改良されてできたものが、ビタミンC誘導体となります。

 

ビタミンCだけだと、安定性に欠けているうえに参加されやすいので、お肌に塗布してもほとんど吸収されず、終わってしまうのだとか。ビタミンC誘導体にすると、角質層へしっかり浸透。浸透した後に、酵素反応でなんと、ビタミンCに変わるのだそうです!

 

ビタミンC誘導体の特徴

 

ビタミンC誘導体は、メラニン色素の生成を抑えたりして、お肌にシミのような色素沈着を防いで暮れる働きが期待できます。また、ビタミンC誘導体にはすでにできているシミやそばかすを薄くしたり、消すことだって可能だといわれています。

 

ビタミンC誘導体の効果とは?

 

ビタミンC誘導体というと、私たちは美白効果ばかりに目が行ってしまいますが、美白効果の他にも、お肌のハリを保つコラーゲンを増やす働きがあるので、若々しいふっくらとしたお肌に導いてくれるそうですよ。

 

また、抗炎症作用と、皮脂分泌抑制作用があるので、ニキビに良いとも言われています。

 

ビタミンC誘導体の使い方

 

ビタミンC誘導体をせっかく美白のために購入したのであれば、最大限の効果を発揮させたいものですよね。ビタミンC誘導体の効果をしっかり得るには、洗顔後、化粧水をつける前のまっさらなお肌にビタミンC誘導体を塗布する必要があります。

 

そのあとは化粧水、美容液、乳液、クリームなどでOKです。たまにはビタミンC誘導体でコットンパックをすると、さらに上の美肌を目指せるかもしれませんよね!?

 

ビタミンC誘導体独特の作用で、ぜひ美白だけではない、ハリのある若々しい艶肌を手に入れてくださいね。


ビタミンC誘導体とは|厚生労働省認可の美白成分関連ページ

アルブチン
アルブチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
エラグ酸
美白成分の一つ「エラグ酸」についてまとめてみました。
コウジ酸
コウジ酸が厚生省に認可されるまでの流れや、働きについてまとめてみました。
アスタキサンチン
アスタキサンチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
リノール酸S
リノール酸Sという美白化粧水の成分について紹介しています。
ハイドロキノン
ハイドロキノンという美白化粧水の成分について紹介しています。
カモミラET
カモミラETという美白化粧水の成分について紹介しています。
シムホワイト
シムホワイトという美白化粧水の成分について紹介しています。