コウジ酸とは|厚生労働省認可の美白成分

コウジ酸とは

コウジ酸

コウジ酸は、現在美白成分として厚生省に認可されている成分の一つです。美白が気になっている方は、コウジ酸配合の化粧水なども気になっているかと思います。そこで、コウジ酸が厚生省に認可されるまでの流れや、コウジ酸の働きについてまとめてみました。

 

コウジ酸が美白成分になった背景

 

実は、コウジ酸が発見されたのはなんと100年以上前の1907年です。どうして着目されたのかといえば、麹を扱っていた職人さんの手がみな白くてなめらかだったことで、研究されるようになったのだそうです。

 

そして1988年にはすでに、厚生労働省で美白有効成分として認可されたという、安全かつ歴史も長い美白成分なのです。美白効果は高いのですが、化粧品へコウジ酸の美白効果を保ったまま配合するのはとても難しかったのだそうです。

 

そして厚生省から認可されて2年後の1990年に、初めてコーセーがコウジ酸配合化粧品のコーセーホワイトニングクリームXXを発売、リニューアルしながら愛され続けているのです。

 

コウジ酸の効果

 

年を取ると、多かれ少なかれ誰しもがシミひとつなかったお肌に、気になるシミやそばかす、肝斑が現れ始めるかと思います。

 

こういった加齢で発生するシミは、色素沈着症と呼ばれ、特に紫外線によって肝斑や老人性色素班(しみ)、雀卵班(そばかす)は悪化する傾向があるそうです。

 

というのも、メラノサイトというお肌の中の細胞が、メラニン色素を過剰に作り出してしまうからなのですが、コウジ酸には、メラノサイトがメラニンを過剰生産するのを抑制してくれる働きがあるのだそうです。
また、メラニンは、チロシナーゼという酵素がチロシンに働きかけて黒色の色素へと化学変化するのだそうです。このチロシナーゼ、銅イオンを持つことで活性状態になってしまい、コウジ酸はチロシナーゼから銅イオンをとってしまう作用があるため、メラニンの生産を効果的に抑え、美白効果を期待することができるのだそうですよ。

 

コウジ酸と発がん性の関係

 

実はコウジ酸には発がん性の可能性があるのでは、と騒がれたことがありました。コウジ酸は動物実験において、肝がんを引き起こす可能性を示唆するとなり、実は2003年3月厚生労働省の通達で医薬部外品(薬用化粧品)への使用が一旦中止されていたという背景があります。

 

そのあとの追加試験などの研究結果、コウジ酸は化粧品としての使用は安全性上なんら問題がないことが証明され、2005年11月2日から、医薬部外品において適正に使用される場合にあっては、安全性に特段の懸念はないものと考えられるということで、使用中止が解禁になりました。そこまで神経質にならなくても、大丈夫そうですね。


コウジ酸とは|厚生労働省認可の美白成分関連ページ

アルブチン
アルブチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
エラグ酸
美白成分の一つ「エラグ酸」についてまとめてみました。
ビタミンC
美白にはビタミンC誘導体がよいとされる秘密について迫ってみようと思います。
アスタキサンチン
アスタキサンチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
リノール酸S
リノール酸Sという美白化粧水の成分について紹介しています。
ハイドロキノン
ハイドロキノンという美白化粧水の成分について紹介しています。
カモミラET
カモミラETという美白化粧水の成分について紹介しています。
シムホワイト
シムホワイトという美白化粧水の成分について紹介しています。