アスタキサンチンとは|厚生労働省認可の美白成分

アスタキサンチン

アスタキサンチン

アスタキサンチンといえば、エビやカニなどの甲殻類に含まれている成分としてご存知の方もいらっしゃるかと思います。実はこのアスタキサンチンには、美白効果もあるといわれています。

 

アスタキサンチンとはいったい何?

アスタキサンチンは自然界にある天然の赤い色素で、サケやエビ、カニなどに多く含まれるカロテノイドの一種ということです。
抗酸化作用をもつ成分として、最近では注目されていますが、中でも他を抜きん出た強力なパワーをもつアスタキサンチンは今最も注目の成分なのです。

 

アスタキサンチンの美白効果は?

 

シミやしわができるメカニズムとしては、紫外線にお肌が露出すると、メラニン色素が活発化して過剰生成され、お肌のターンオーバーのリズムが崩れてしまったり、お肌の元気そのものが奪われてシミが定着しやすい状態が産まれてしまうことで起こりますよね。
そこで
アスタキサンチンをお肌に塗ると、お肌の表皮では活性酸素の多くが除去され、活性酸素によっておこる炎症促進物質の生産が抑制されることがわかっているそうです。

 

そのため、メラノサイトの活性化やメラニン色素尾生成が抑えられるということで、美白効果があるとされているそうですよ。

 

実はアスタキサンチンをお肌に塗ると、メラニン色素の沈着が明らかに抑えられたという実験も行われており、結果として、できてしまったシミにも効果が出ているといった研究結果が発表されています!

 

美白が気になる方は、まさに押さえておきたい成分というわけなのです。
また、アスタキサンチンは副作用がないということでも人気の成分です。とはいえ、敏感肌やアレルギーをお持ちの方は、アスタキサンチンと相性が合うかどうかはパッチテストなどで調べてみるか、かかりつけ医に相談するなどして対処してくださいね。

 

アスタキサンチン配合の化粧水などは、インターネットで簡単に調べることができますが、できればその際に化粧品に含まれる成分すべてをチェックし、一番美白に効果てきそうな成分(厚生労働省が認可している成分など)が高配合されているものを選ぶように心がけましょう。


アスタキサンチンとは|厚生労働省認可の美白成分関連ページ

アルブチン
アルブチンという美白化粧水の成分について紹介しています。
エラグ酸
美白成分の一つ「エラグ酸」についてまとめてみました。
ビタミンC
美白にはビタミンC誘導体がよいとされる秘密について迫ってみようと思います。
コウジ酸
コウジ酸が厚生省に認可されるまでの流れや、働きについてまとめてみました。
リノール酸S
リノール酸Sという美白化粧水の成分について紹介しています。
ハイドロキノン
ハイドロキノンという美白化粧水の成分について紹介しています。
カモミラET
カモミラETという美白化粧水の成分について紹介しています。
シムホワイト
シムホワイトという美白化粧水の成分について紹介しています。